お医者さんの知恵袋
image

■肩こりについて■

長田整形外科医院
TEL: 045-982-2010
院長  長田 信人
 ホームページ

日頃の診療でよく聞く訴えのひとつに肩こりがあります。首の付け根だけではなく肩甲骨の周囲や後頚部まで痛みが拡がり、ひどいときには頭痛や吐き気まで伴います。そもそも頭は非常に重く約5kgありますが、これを落ちないように支えているのは頭蓋骨から首、肩、肩甲骨に広がる僧帽筋を中心とした筋群です。肩こりはこれらの疲労が原因です。重いものを支えるためには短く太い柱が有利なのは解りますが、女性は男性に比べて、なで肩の方が多く、レントゲン像で見ても首が長く、また筋肉の量も少ないため不利にできています。

最近はパソコンを使って仕事をすることが増え、頚部の筋肉に過剰な負担をさせる習慣ができてしまい、男性にも肩こりの方が増加しています。頚部の筋肉は鍛えることが難しいのですが、日ごろからストレッチをして柔軟性を維持することや適度に休憩をすることで筋肉に溜まったストレスを発散してあげると良いでしょう。ただ、単純に筋肉の疲労だけが原因ではないこともありますので、非常に辛い時は早めに専門医に診てもらうことをお奨めします。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る