お医者さんの知恵袋
image

■たんぱく尿が出てるっていわれたら■

(医)三栄会 霧が丘クリニック
TEL: 045-920-0331
院長  児島 弘臣
 ホームページ

みなさんは学校や職場の健診などで、おしっこの検査「検尿」をしたことがあると思います。尿試験紙というテープを尿の中に浸けて、尿たんぱく、血尿、尿糖の有無を調べますが、いずれも陰性が正常です。

そのうちの尿たんぱくについてですが、実は健康な者でも尿の中には少量ですがたんぱくが出ているのです。一日に数10mgというわずかな量であるため試験紙では検出されません。一日に150mg以上、出ているものを「たんぱく尿」と呼びます。

「たんぱく尿」にも、生理的たんぱく尿といって病気と関係ないものがあります。ひとつは特に20歳未満の若い人に多い起立性たんぱく尿といわれるもので、立位の時にだけたんぱく尿が出て、臥位になると消えるものです。再検査で起床時の、一回目の尿を検査すると陰性になります。もうひとつは発熱や運動などにより一過性に出現するものです。

さて、それ以外のものが病気と関係のある「病的なたんぱく尿」ということになりますが原因としては、まず腎炎、糖尿病性腎症、高血圧からの腎硬化症などがあげられます。その他にも全身のいろいろな病気でみられます。

いずれにせよ健診で「たんぱく尿が出ている」といわれたら、必ず、再検査のために医療機関を受診してください。
LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る