お医者さんの知恵袋
image

■注意すべき腰痛とは?■

(医)鴨居病院
TEL: 045-933-1911
整形外科 荒井 勲
 ホームページ

腰痛は誰でも経験のあるごくありふれた症状のひとつです。重いものを持った後に腰が痛くなり、シップを貼った経験はどなたにでもあるでしょう。大体は数日で落ち着き、いつの間にか忘れてしまうことがほとんどだと思います。ただ次のような症状の方は、一度、腰痛の原因を調べてみるとよいでしょう。
  1. 腰痛がなかなか改善しない方
  2. 足に痛みやシビレのある方、足に力が入りにくい方
  3. 長い距離を続けて歩くことが出来なくなってきた方
  4. 転んで腰を痛めてしまった方
  5. 日常生活の動作が低下してきた方

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・圧迫骨折など腰痛をきたす原因はいろいろありますが、腰痛だけでなく、太ももや足まで痛み・シビレのある方は、足の方に分布している神経にも障害が起きている可能性があり注意が必要です。

低い頻度ですが、足の力が弱く徐々に悪化している方、尿がうまく出せなくなった方は重い症状なので手術も考えます。またまれに腫瘍や感染が腰痛の原因となっていることもあり、特別な検査・治療が必要となります。したがって“ただの腰痛”と馬鹿にしないで、ご心配な方は、お気軽に整形外科に相談されることをお勧めします。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る