お医者さんの知恵袋
image

■お薬の飲み方について■
〜特に女性の方へ〜

近藤産婦人科
TEL: 045-932-5503
院長 近藤 雅子
 ホームページ

妊娠中に薬を飲むと生まれてくる赤ちゃんに異常が出ることがあります。それで、妊娠中の方、妊娠の可能性のある方は薬についていろいろ注意が必要です。又、母乳をあたえている方も用心深くしてください。けれど、妊娠のわかる前に知らずに薬を飲んだり、病気のために薬を飲まなければならない方もいます。そのような方は、医師や薬剤師に相談してください。

いつ頃薬を飲んだかに分けて説明します。

  1. 月経中〜妊娠3週(妊娠のため月経が遅れる以前) ほとんどの薬は問題ないといわれています。薬の影響を受けた卵子は受精しないか、早期流産になることもあります。
  2. 妊娠4週〜15週 この頃に赤ちゃんは、脳・心臓・その他の内臓・手足などが形成されます。赤ちゃんの成長に最も大切な時期で、臓器の発育に一部の薬は影響しやすい時期です。
  3. 妊娠16週以後 赤ちゃんの形には影響は少なくなりますが、一部の薬は機能や発育全体に影響することがあります。
  4. 授乳中 薬を飲む間は、粉ミルクにすることをおすすめします。
病院や薬局に行かれる時は、妊娠中の方・妊娠の可能性のある方・現在妊娠を希望されている方は、必ず申し出る事が大切です。又自宅にある常備薬を使用する時も、薬の説明書を読んで注意してください。家族や友人に処方された薬を自己判断で飲むことも危険です。薬を正しく服用して、健康管理してください。
LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る