お医者さんの知恵袋
image

■花粉症(具体的な予防法とは?)■

なごや耳鼻咽喉科クリニック
TEL: 045-989-3387
院長 名古屋 孝夫
 ホームページ

今回は、スギ花粉症予防の2つの方法について、具体的にお話します。

スギ花粉は、1月上旬頃からちらほら飛散し、2月上旬から症状が出始め、3月1週目頃がピークとなります。ヒノキの花粉症もお持ちの方は4月1週目頃にもまた悪くなります。

1番目の方法は、初期治療といわれる薬での治療です。症状開始の2週間ほど前、1月の下旬ごろからアレルギーの薬を始めます。症状出現前から治療を始めることで、症状出現開始を遅らせ、ピーク時の症状が軽くてすみます。内服薬や点鼻薬を使います。最近は、眠気や鼻閉への効果を強調した内服薬も増えています。

2番目の方法は、もうすっかり有名になったレーザー治療で予防を行う方法です。レーザー治療では、鼻が落ち着くまでに大体3〜4週間かかります。レーザー治療直後は鼻の状態が一時的に悪くなりますので、スギ花粉症の最中のレーザー治療はあまり得策ではありません。一時的にシーズンのピークのような、悪い状態になるからです。スギ花粉症の予防的レーザー治療の理想的な時期は、10月の後半から12月です。
麻酔を使うので痛みもなく、小学生以上であれば受けられます。大体1時間以内、費用は保険診療で1万円程度です。効果は平均2〜3年ですが、再レーザー治療も有効です。

ご近所の耳鼻咽喉科で、早めのご相談をお勧めします。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る