お医者さんの知恵袋
image

■足の裏(特にかかと)の痛み■

神田整形外科
TEL: 045-933-7888
院長  神田 健博
 ホームページ

皆様の中には、足の裏(特にかかと)の痛みがある人が結構いらっしゃると思います。これは足底筋膜炎と思われます。

足底筋膜とは、かかとの骨の下側と足のゆびの基節骨底部とをつないでいる「すじ」で、歩いたり走ったりするときに、ばねの役割をはたしています。足底筋膜炎は長時間立ちっぱなしの仕事をしている人や、マラソンランナーやダンサーに多く起こりますが、靴を変えた時や体重が増えた時にも起こりやすいです。症状は、朝起きて、歩きはじめるときのかかとの痛みで、歩き慣れてくると、痛みが軽くなります。しかし、夕方になるとまた痛くなってきます。レントゲン検査で、かかとの骨(踵骨)にトゲ(骨棘)が見られることがありますが、これが直接の原因ではありません。

治療は、裸足では歩かないようにし、歩幅も狭くします。スポーツ活動を減らすことも重要です。足底筋膜や腓腹筋のストレッチ、土踏まずのアーチを支持する装具、レーザー治療、湿布やぬり薬などの使用などがあります。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る