お医者さんの知恵袋
image ■脳梗塞予防のための自己チェック■

高津内科医院
TEL: 045-989-3588
院長  高津竜太郎
 ホームページ

脳の血管が詰まり血液が流れなくなってしまい、脳細胞が死んでしまう病気である脳梗塞。脳梗塞の主な原因は高血圧、糖尿病、高脂血症、加齢による動脈硬化と不整脈などの心臓病があります。血管が詰まった場所によっても違いますが片手の手足の麻痺、呂律がまわらない、意識障害などの症状が起こり後遺症が残ってしまいます。
突然襲ってくる脳梗塞ですが、多くの場合、一過性脳溢血発作という前触れの発作が起こります。それは脳への血液が一時的に途絶えるために起こり、手足のしびれや片方の視野が暗くなるなどの症状が数分から数十分続くものです。
一時的発作の後は何事も無かったように元通りの生活ができるため、つい放って置かれてしまいますが、何回か発作を繰り返すうちに、脳梗塞は発病してしまいます。
一過性脳虚血発作の場合、後遺症が残ることはなく、早目に受診すれば脳梗塞の後遺症を未然に防ぐことができます。
次のような症状がひとつでもあれば要注意です。
  1. 手に持ったコップの水がこぼれたり、コップを落としてしまうことがある。
  2. 手が振れて字が下手になったり、書きにくくなったと感じる。
  3. 気が遠くなったり、意識が無くなってしまうことがある。
  4. 手足の力が弱くなり、震えたり、しびれることがある。
  5. 歩くのに急につまずいたり、転びやすくなった。
  6. 階段の上り下りが少し怖くなった。
  7. 口の周りがしびれることがある。
  8. 舌がもつれて急に言葉が出なくなることがある。
  9. 人の名前や物の名前を思い出せない時がある。
  10. 話しにくかったり声がかすれることがある。
  11. むせやすく、食べ物が飲み込みにくいときがある。
  12. 喉に痰が絡んだような状態がある。
  13. 視野で見えにくい部分があったり、物が二重に見えるような時がある。
  14. いつも頭が重くすっきりしない。
  15. 肩凝りが激しく、後頭部・側頭部が痛いことがある。
  16. 活気が無くなり疲れやすくなった。
  17. 寝つきが悪くなった。
  18. 以前より怒りやすくなった。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る