お医者さんの知恵袋
芦野内科クリニック 芦野 和博 ■不整脈のはなし■

芦野内科クリニック
TEL: 045-937-2722
芦野 和博
 ホームページへ

動悸を感じることがありますか?と問うと、動悸という意味がよく分からないと答える方が多くいられます。動悸とは#心臓の鼓動を強く感じることや、#鼓動が一瞬止まること、#鼓動が早くなることなど様々あります。しかし、その感じ方を聞くだけで、ある程度不整脈の種類を類推出来ます。女性の更年期にも動悸の症状は多く、うつ病・神経症など"こころ"の病でも動悸を感じることは多いものです。この場合は鼓動を強く自覚すると表現されることが多いようです。脈が止まる感じは期外収縮という不整脈の可能性があります。また脈が早くなる場合は心臓の拍動が早くなる頻拍性不整脈の可能性があり、例えば心房細動、上室性頻拍などがあります。症状の強さと不整脈の重症度とは必ずしも一致しませんが、めまい、意識消失など血圧に影響するような症状を伴う不整脈は致死性である可能性があり適切かつ早急な対応が必要です。昔で言うポックリ病や突然死の多くは不整脈です。不整脈の多くは治療の要らない軽微なものが多く、抗不整脈薬が却って重篤な不整脈を惹起する可能性があり、投薬そのものが不要なことも多くあります。近年、カテーテルアブレーションという根治的な不整脈治療も容易かつ安全に行えるため、早期に的確な診断をつけることが大切です。さらに、動脈硬化から生じる狭心症の方の中にも痛みでなく動悸の症状だけの場合もありますので注意が必要です。早期診断には、動悸の最中に心電図がとれることが一番ですが、最中に医療機関を受診するのは至難の業ですね。ホルター心電図という一日付ける心電図なら症状が無いときでも不整脈を捉えられることも多いですし、負荷心電図で狭心症の評価も必要なこともありますので、"動悸"を感じたら早めに医院を受診して下さい。
LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る