お医者さんの知恵袋
image

膝の痛みについて(変形性膝関節症)

かたの整形外科クリニック 
TEL:045-924-0560
片野素昭先生
 ホームページ

 年齢を重ねると、立ち上がりや歩き始めなどに膝が痛くなることがよくあります。最初は休めば痛みはとれますが、 だんだん正座や階段の上り下りがつらくなり、さらにひどくなると形が変わってしまい、ひざも真っ直ぐに伸びなくなり、歩くのも困難になります。

 その原因は膝関節の軟骨の老化によることが多く、これは年齢とともに軟骨が張りを失い、使い過ぎにより擦り減ってしまうためにおこります。 またケガなどでもおこります。

 膝の内側に痛みがあったり、動きが悪かったり、腫れ、変形があれば、変形性膝関節症の可能性があるので、病院でしんさつ、またレントゲン写真を撮って調べましょう。

 治療は症状が軽い場合は痛み止めのお薬や湿布を使ったり、電気で温めたりする治療をして、さらに膝にヒアルロン酸の注射などをして痛みを軽くしていきます。また膝の筋肉をきたえるため脚上げ体操をしていきましょう。この脚上げ体操は予防にも効果があります。

 その他、膝の痛みの予防として、正座をさける、洋式トイレを使う、減量、冷やさないなど、もちろん運動も必要です。

 このような治療で治らない場合には手術治療を考えなければいけない事もあります。

膝について気になる事やわからない事がありましたら、気軽に相談してください。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る