お医者さんの知恵袋
image

医療面接の重要性について

谷田部クリニック 
TEL:045-937-7115
谷田部博嗣先生
 ホームページ

 診療を行う上で最も重要となるのがメディカル・インタビュー(医療面接)です。なぜなら、面接を通じて患者さんとよいコミュニケーションをとることが、正確な情報の入手、適切な診断・治療にとって重要だからです。医療面接のもつ役割には、次の3つの軸があると言われています。

(1)患者を理解するための情報収集

(2)よい医師−患者関係(ラポール)の構築と患者の感情面への対応

(3)患者教育と治療への動機づけ

 このうち(1)ばかりが重要視されがちです。もちろん、情報収集なしには診断も治療も不可能ですが、(2)も(3)も非常に重要なことなのです。医療は、医師が一方的に行うものであってはなりません。患者さんの心理社会的要因が、発症や経過、予後に大きく影響するため、これに十分配慮して対応し、インフォームド・コンセント(説明と同意)を確立することが大切です。

 一般に、多くの患者さんは病気や治療についての説明を十分には理解できていませんし、医師による情報提供も不十分であるのが現状です。例えば、治療法を決める時に、患者さんが「よく分からないので、先生にお任せします。」という場面をよく見かけますが、これが一番よくないのです。

  患者さんが十分に理解し、納得して治療を受けられるよう、医師は可能な限り時間をかけて丁寧に説明すべきですし、患者さんはそれをきちんと理解し、納得した上で主体的に治療を受けることが重要なのです。 みなさんも、主治医の先生とよくお話をしてみてください。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る