お医者さんの知恵袋
image

■うがいで風邪が予防できるか■

長津田厚生総合病院内科
TEL: 045-981-1201
清野 朝博
 ホームページ

 「風邪予防には手洗い、うがい」…昔から当たり前のように言われてきましたが、実はうがいをするのは日本人だけだそうです。うがいの語源は「鵜飼い」で、飲み込んだ魚を吐き出す様子に似ていることからそう呼ばれるようになりました。欧米では上を向いてガラガラやるうがいは”はしたない行為“と思われています。でははたして日本文化のうがいは風邪予防に無意味なのでしょうか。そんな長年の疑問に初めて答えを出したのは、実はつい数年前のことです。

 京都大学の研究グループが約400人を対象に、うがいの効果を調べました。それによると、水道水でうがいをした群はうがいをしなかった群より約4割も風邪の発症率が低かったのです。(この結果は米国の雑誌に掲載されました。もしかしたら今後世界にうがい文化が広がるかも?!)ちなみにこの研究ではヨード液を使ってうがいをした群の予防効果は水道水よりむしろ劣っていました。この結果だけでヨード液うがいを否定することはできませんが、医者の間では意外な結果が一時話題になりました。またインフルエンザに関してはワクチンがあるので、そちらの方がうがいよりも予防効果は確実です。

 そんなわけで皆さん、水道水で十分ですのでこの冬もこまめにうがいをして風邪予防をしましょう。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る