お医者さんの知恵袋
image

■みずいぼの話■

加茂皮フ科クリニック
TEL: 045-933-1612
院長 加茂 紘一郎
 ホームページ

 みずいぼはとらないと治りません。よく小児科などで放置しても治ると言われ、その通りにしたらふえてしまったと皮膚科を訪れる患児は少なくありません。

 確かにみずいぼは自然治癒する可能性のある皮膚病ですが、それには数ヶ月から数年かかること、かいたりするとふえること、他人にうつすので治るまではプール遊び(ビート板での感染が多い)など裸で他の子達と接触する場には参加できないこと、また治っても終生免疫はえられず何度もかかることがある、ということを知っていないといけません。したがって、保護者は安易に放置することなくみずいぼの数の少ないうちに取り除くという道を選んでほしいものです。数をふやしてからの受診は、とる方もとられる方も大変な思いをすることになるのです。

 みずいぼは日常的によくみる皮膚病ですが、その都度治しておかないと社会生活から疎外される(いじめの対象となることもある)こともありえます。勿論、子供にみずいぼのできていることを知りながら平気でプールに入れる保護者は論外です。

 とるには痛みがともないますが、かわいそうだからと放置することは、もっとかわいそうな結果を招くことになることを理解してください。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る