お医者さんの知恵袋
image

■不整脈って怖い病気?■

三保町内科・循環器クリニック
TEL: 045-936-0034
院長 小野 文明
 ホームページ

 健康診断や普段の診察で不整脈と言われたら多くの人は怖い病気だと不安になるでしょう。不整脈の中には健康な方にもみられる危険性の低いものから、突然死や重い脳梗塞の原因になる危険性の高いものまで様々な種類があります。

 突然死の原因となる不整脈に心室頻拍、心室細動や高度房室ブロックがあります。これは心不全や心筋梗塞、過労や遺伝、その他の病気が原因で起こります。最近は自動体外式除細動期(AED)が普及し病院外の発作でも救命される方が増えています。突然のめまいやクラクラするような症状をともなう場合は早急に循環器内科医の診察が必要です。

 また、心房細動という脈の間隔が不規則になるタイプの不整脈を持つ方は、高血圧などが原因となるため比較的多いのですが、心臓内に血栓ができて脳梗塞の原因となることがあります。不整脈になって期間が長くなると動悸を感じなくなることもあるので注意が必要です。これも原因を含めた診断を行い、必要に応じて脳梗塞を防ぐ治療が必要です。

 危険性の低い不整脈には連続せずあまり数の多くない期外収縮などがあります。健常の人では特に治療を必要としませんが、他の病気が原因となっていないか、心エコーやホルター心電図をしておけば安心でしょう。

 いずれにしても「正しく怖がる」ことが必要な病気と言えます。

LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る