お医者さんの知恵袋
山田クリニック 山田 則道 ■大腸がん発見の契機■

山田クリニック
院長 山田 則道
 http://home.catv.ne.jp/kk/yamadacl/

食生活が欧米化し最近大腸がんが増えています。大腸がんはどのようにして発見されるのでしょうか。
1)検便にて便の中に血液が混じっていた。
これは全く自覚症状がなく、健康診断の時行なう検便にて潜血が(+)となった人です。便潜血反応は極めて鋭敏で、肉眼的に見えない血液を検出します。しかしこの検査は 口から肛門までのどこで出た血液でも反応し、消化管のどこかから出血をしていると言う事を示すのみです。この検査で引っ掛かった人の多くは痔疾患があるため引っ掛かった人が多くいます。しかし大腸がんの多くの人はこの経済的な検査法で最初にひっかけられ大腸カメラを施行して発見の経過を取る人が一番多いでしょう。
2)排便時に出血をした。
痛くもないのに排便したら血液がでてびっくりした。これはほとんどが痔からの出血が多いのですが、これをきっかけに大腸カメラをしてみたら大腸がんが見つかった。 こういう時は痔があったから大腸癌が早く見つかって良かったと言う例ですが、逆に出血しても自分には痔が有るから痔からの出血だから問題ないと解釈して癌の発見が遅れたと言う人もいます。後者の場合は多くの場合は直腸がんや肛門がんが多く人工肛門になる人がいます。この例では痔が有るから良くなかったと言う例です。
3)便通異常
下痢したり便秘したり、粘液が多かったり、お腹がはったり、排便してもすっきりしなかったり便が細かったりなんらかの便通の異常で大腸カメラの検査をしたら癌が見つかったという方です。
4)腸閉塞、肝臓転移
最終段階になりますが結構多いのですが、腸閉塞になり、腹痛、嘔吐にて来院し、大腸カメラで癌が見つかった例。また一般検診で超音波検査した所肝臓転移を発見され、 原発巣を検索して大腸癌が発見された例。
以上大腸がんの発見の契機について述べましたが、すべてに言える事は大腸がん自体は痛くないと言う事です。随伴病変で症状が出る事です。そして最終的には大腸カメラを施行する事で診断される事です。昔注腸検査が有りました。お尻からバリュームをいれてレントゲンを取りがんの診断をしていましたが、今では時代遅れです。胃ガンの検査に胃のバリュームでやるのと同じです。最終的には(最初から)カメラです。もっともっと胃カメラと同じように大腸カメラがやられて良い時代だと思います。
LINE
お医者さんの知恵袋 目次に戻る